頬のたるみを引き締めてUPするにはペプチドや幹細胞配合の基礎化粧品を

houreisen21

ウマミ子
どうも!こんにちは
ハナコ
お久しぶりです

ウマミ子
ハナコのほうれい線は、
頬のたるみからきてるねんで。
ハナコの頬はタルタルやもんな!
でもそのタルタル頬を引き締めてくれる化粧品があるんやで。
ハナコ
タルタル頬・・・。
悲しい・・・ 
でも、現実・・・。
化粧品ってどんな成分が配合されているんですか?

ウマミ子
あら!ショックやったんか?
仕方ない、事実や!
その化粧品は、ペプチドや幹細胞という美容成分や。
ハナコ
ペプチド・・・
幹細胞・・・ 
難しい言葉ですね・・・


houreisenkesu02242

 

頬が重力にまけて、たるんでくるとほうれい線が目立つようになってきます。

頬がきゅっと引き締まれば、ほうれい線に影ができなくなり、薄くなってきますよね。

 

寝転んで鏡を見てください。

ほうれい線がきえるでしょ?

 

頬の重みが、ほうれい線につながっているんですよ

 

ではどうすれば、頬にハリをだして引き締めることができるのでしょうか

私、ウマミ子の今までに経験してきた中で、

どうすれば頬のたるみを解消できるのかを説明していきますね

 

頬のたるみは重力で支えられなくなっている!!

 

赤ちゃんの頬ってみるとわかりますが、プルプルでパンパンですよね。

プニプニしているのが赤ちゃんのイメージですよね。

 

それは、筋肉も衰えていないし、

コラーゲンも肌内部にたっぷりあるからです。

 

肌内部のコラーゲンは20代をピークに、どんどん減っていきます。

また、コラーゲン自体の生成が減るのもありますが、

紫外線を浴び過ぎたことで、破壊されてしまうんです。

 

そうなると、ハリ・弾力が失われて、

どんどん重力に逆らえなくなり、下へ下へとさがってきます。

そして、ほうれい線の長さも長くなり、口の口角のほうまで伸びてくるんです

ほうれい線が長くなればなるほど、

老けて見える(老け顔)といわれているんですよ。

 

ペプチドや幹細胞がハリ・弾力を出すのを助けてくれる

 

ペプチドや幹細胞がほうれい線にいいのか~。
成分名を覚えるだけでも難しい・・・。

 

ペプチドというと、なんか難しそうで、よくわからないかもしれませんが、

EGFやFGFといえばわかるでしょうか。

 

また、

「塗るボトックス」というのを聞いたことがあるかもしれません。

それは、アルジルリンというペプチドです。

 

>>>アルジルリンってほうれい線にいいの!?実は違っていた!<<<

 

では、幹細胞はどんな効果があるかというと、

引き締め効果があるんです。

細胞は年齢と共に、新しい細胞を作りにくくなっています。

そこを補ってくれるのが、幹細胞です。

しかし、幹細胞も、だんだんと衰えてきます。

そこで、化粧品で肌内部にある幹細胞の働きをよくするんです

細胞が若くなることで、たるみがキュッと引き締まってきます

つまり、肌が若くなっていくってことですね

 

ペプチドは、肌のハリを出す働きがあります。

幹細胞は、引き締め効果とハリを出してくれる成分なんです。

 

ペプチドも幹細胞も、これからどんどん化粧品に配合されてくると思います

 

これらの成分が配合されていると頬のたるみを引き締めて

さらにキュッと引き上げてハリを出してくれます。

 

私(ウマミ子)は、先ほど書いたペプチドや幹細胞が配合されている

化粧品がほうれい線には、オススメだと思います。

本当に、私も、これらを使うことで、ほうれい線ケアをしてきました。

 

houreisen02121

 

ほうれい線にオススメの化粧品はいくつかありますので、

まずは、チェックしてみてくださいね

今の肌の状態によって化粧品を選んでください

>>>ペプチドや幹細胞の成分について詳しくはこちらへ<<<