ピュアビタミンC美容液のビーグレンCセラムは即効性と浸透力が抜群

houreisen21

ウマミ子
ハナコ!元気か?
ほうれい線はどうや?
ハナコ
元気です。
ほうれい線は、まだ、居座っています・・・

ウマミ子
ハナコは、ビタミンCは知ってるよな?
化粧品でも、ビタミンC配合って書いてるのが多いやろ。
ハナコ
そうですね。
ビタミンC配合している化粧品は、ドラッグストアで見かけます。

ウマミ子
ハナコ、ドラッグストアーの化粧品コーナー行くんや!
ビタミンCでも、効果はいろいろあるから、
ちゃんと見たほうがいいで。
ハナコ
いちおう、化粧品コーナーも行きます・・・
ビタミンCに違いってあるんですね!
効果が変わってくるなら、きちんとした化粧品を使いたいですね。


houreisenkesu02244

 

ビタミンCが、肌にいいから必要だということは多くの女性が知っていると思います。

そのために、ビタミンCを体内に取り入れたいと、

サプリメントやドリンクで摂取したり、

化粧品に配合されているものを使ったりしているでしょう。

 

ここでは、化粧品に配合されるビタミンCについてご紹介していこうと思っています

ビタミンCでも、ビタミンC誘導体とピュアビタミンCでは全く効果が違ってきます。

ビーグレンのCセラム美容液には、ピュアビタミンCを使っています。

ピュアビタミンCのほうが効果があるので、その説明をしていきますね

ビタミンC誘導体を使っている化粧品が多いのはどうして?

どの化粧品メーカーも、ピュアビタミンCを使うことができるなら、そうしたいんです。

でも、ビタミンCの特性から、とっても扱うのが難しく、化粧品に配合しにくくなっています。

ビタミンCは、酸化しやすく、不安定で、水溶性なんです。

 

ということは、そのまま化粧品に配合してもすぐに、腐ってしまいます。

さらに、肌にある皮脂のせいで、水溶性のビタミンCは、

肌内部に浸透することができません

 

そういうことから、ビタミンCを、そのまま、化粧品に配合することはとても難しいのです。

 

そのため、いまは、ビタミンC誘導体というビタミンCと違う物質を結合させて

安定が良く、肌に浸透しやすいようにしています。

 

つまり、100%ピュアなビタミンCではないということになりますから、

効果も半減してきます。

 

なぜ、ビーグレンのCセラム美容液はピュアビタミンを使えるの?

 

どうして、

ビーグレンはピュアビタミンCを使うことができているのでしょうか?

それは、ビーグレンの特徴でもある、QuSomeを使っているからです。

 

QuSomeを使うことで、どんな美容成分も、このカプセルの中に入れることができ、

肌内部の必要なところまで、浸透することができます。

浸透率は、通常の10倍ともいわれていますので、即効性があるんです

しかも、必要な個所だけで、じわじわと浸透するので効果も長く持続するといわれています。

 

ビーグレンのCセラムは、7.5%の濃度のピュアビタミンCと言われています。

通常化粧品であれば、20%以上の配合でも可能なのですが、

ビーグレンは、7.5%の濃度だけしか使わなくていいんです

つまり、それだけ、肌にも負担がかからないということになります。

(肌への負担は1/4なのだそう)

 

でも、即効性があって結果はきちんとだすのが、ビーグレンの化粧品です。

(ちなみに、医薬部外品に指定されている化粧品は、ビタミンC濃度は3%上限になります)

 

たとえ、ビタミンC20%の濃度であっても、

浸透力が悪く肌表面だけにとどまっていれば、

酸化してしまうのも早いですし、効果も発揮できないですよね

濃度が高ければ、肌への刺激を感じる人もでてきます。

ビタミンCは日中使うのには要注意

 

ビタミンCは、酸化しやすいと先ほど書きましたが、

さらに、紫外線で壊れやすくなっています。

 

そのため、ビタミンCを肌に塗ったまま、外出するのは避けなければいけません。

ビタミンCを塗ったあとは、UVケアをする必要があります。

 

また、ピュアビタミンCを肌に塗ると、

ベタベタしたオイルのように感じるのですが、すぐに浸透してきます。

 

ビーグレンの説明では、外出する30分前までにCセラムを肌に塗ることで、

肌内部に成分が浸透するので、日焼けが起こることもないそうです。

 

ビーグレンのCセラムはぽかぽかと温かくなる

 

ビーグレンのCセラム美容液ってとても人気で、リピーターが多い商品の一つなんです。

理由の一つに、Cセラム美容液を塗ると、ぽかぽかと温かく感じるんです。

 

それが、愛用者にとっては、効いていると実感できるそうなんです。

 

そして、ビーグレンのQuSomeのおかげで、

効果の持続も長いので、使い続けている人が多いのでしょう。

 

ビタミンCって、どんな肌の悩みにも使うことが出来ます。

ほうれい線、シワ、シミ、ニキビなどなど。

なので、普段の化粧品に一つ足すとするなら、

ピュアビタミンCではないかというくらい、全ての悩みを改善してくれます。

 

ただ、どんな肌質でも合うというわけではありません。

 

ビタミンCの特徴として、皮脂を抑制するという効果があります。

そのため、肌が乾燥していると、更に乾燥したり、つっぱったりする感じがする場合があります。

その反面、脂性肌にはトラブルなく使える美容成分です。

 

だからって、ビタミンCは、乾燥肌に使えないというわけではありません。

一度、肌に使ってみて、どのような感じになるのかを見て下さい。

 

肌が更に乾燥するなら、使う量を減らしてみたり、

必要な個所だけ、ポイント使いをしてみるのもいいでしょう。

 

ちなみに、傷などがある場合は、しみることがあるので注意してくださいね

bglen16

 

まず、ピュアビタミンCを使うには、効果はあっても自分の肌にはどのような作用が起こるのか知っておく必要があるので、トライアルセットから使うことをオススメします。

 

ほうれい線ケア用のトライアルセットには、

Cセラム美容液に加えて、洗顔料、化粧水、QuSomeリフト(キュッと引き上げる美容液)、クリームの5点セットです

1800円で7日間分ですから、まず、試してみるといいでしょう

ピュアビタミンCの肌に塗ったらポカポカするのを感じて下さい

bglen22