パルミチン酸レチノール配合化粧品のアンプルールクリームでハリUP

houreisen21

ウマミ子
どうも!こんにちは
ハナコ
お久しぶりです

ウマミ子
 ハナコは、レチノールって知ってるか?
レチノール、パルミチン酸レチノール、レチノインと3種類あるけどな。
ハナコ
レチノールは聞いたことはありますけど、よく知らないです。

ウマミ子
 そうか!どれも、ビタミンAのことやで。
肌にハリを出してくれる成分でもあるから、ほうれい線ケアに使うといいんや!
でも、副作用も多少はあるから気を付けないといかんで!
ハナコ
ビタミンAって、ハリを出してくれるんですか!?
知らなかったです。
パルミチン酸レチノールが肌にはやさしいけど、効果も一番やさしいってことなんですね


houreisen050310

 

肌のターンオーバーを正常にしてくれるレチノールという美容成分は、知っている人も多いと思います。

レチノールが配合されていると、コラーゲンも活性されるのでハリがでてほうれい線を消すのにも有効なんです。

 

私が使っているアンプルールの化粧品にもレチノールが配合されています。

では、レチノールとパルミチン酸レチノールとの違いやアンプルールとはどんな化粧品かご紹介していきます

 

パルミチン酸レチノールってレチノールとどう違うの?

化粧品でシワやシミケアなどにレチノール配合とかパルミチン酸レチノール配合とか書かれていますよね。 

 

あれって、どう違うの?って思った事ないですか。

また、レチノインというのもあるけど、違った美容成分なのでしょうか?

 

実は、どれも同じ意味合いで、ビタミンAの事を表しています。

ただ、使える場所によって、名前が変わってくるんです。

どういうことなのでしょうか?

説明していきますね

まず、レチノインですが、これは、医療現場だけでしか使用できません。

美容整整形外科などで、処方箋が必要な成分となっています。

その為、効果も一番高いです。

その代り、副作用もあるので、誰でも自由に使えるというものではありません。

 

レチノールは、肌には浸透しにくく、紫外線にも弱いため、安定しにくい成分となっています。

 

そのため、パルミチン酸というものを結合させることで、安定した美容成分が作られることになりました。肌への刺激も和らいでいます

 

レチノールの方がパルミチン酸レチノールより効果は高いですが、日焼け止めが必要になってきます。

その代り、パルミチン酸レチノールは、日中でも使うことができますが、多少、効果は薄れるようです。

 

パルミチン酸レチノールは危険なの!?

レチノールの役割が、肌のターンオーバーを正常にしてくれるのですが、

角質層が薄くなってしまう事があるんです。 

 

しかし、パルミチン酸レチノールに関しては、肌への負担は軽いので、副作用を心配する必要は少ないでしょうが、ないわけではないのです。

 

ターンオーバーが正常になることで、肌の細胞が新しくなり、肌にハリが出てきますし、

レチノールには、肌内部にある真皮層のコラーゲンを増やしてくれますので、

さらにハリがでて、たるみが改善されてきます。

 

肌が弱い人は、少しずつ様子を見ながら使うことをおすすめします

 

アンプルール化粧品のクリームにはパルミチン酸レチノールが配合

アンプルールの化粧品は、私(ウマミ子)が、ずっと愛用している化粧品です。

アンプルールの化粧品のクリームに、パルミチン酸レチノールが配合されています。

 

アンプルールのラグジュアリー・デ・エイジシリーズは、まさに、ほうれい線を消す方法として使うのにもってこいの化粧品なんです。

 

とはいえ、先ほども書いたように、レチノールには、副作用が多かれ少なかれあります。

まずは、トライアルセットを使ってみて、肌には問題ないかをみてみるといいでしょう。

 

2100円で購入できますので、お得ですよ。

 

さらに、アイクリームもお試しでついています。

それには、ピュア(純粋)レチノールが配合されていますので、そちらも、肌に塗ってみてください。

アイクリームを日中に使うのであれば、日焼け止めは必要ですから注意してくださいね

ampleur22