ほうれい線をハイライトで上手に隠す方法を伝授

houreisen21

ウマミ子
どうも!こんにちは
ハナコ
お久しぶりです

ウマミ子
 ハナコは、メイクするんか?
なんか、いつもナチュラルメイクやから、バッチリメイクみたことないわ。
ハナコ
そうですね。
ばっちりメイクは最近してないです。
というか、家に居ることも多いんで・・・。

ウマミ子
あはは!!そんなんやから、彼氏できひんねん!
じゃぁ、ハイライトも使わないよな?? 
気になるほうれい線にハイライトを使うと、目立ちにくくなるんやで!
ハナコ
え??そうなんですか?
 そんな使い方が!
ハイライト使ってみようかな~


houreisen05068

 

 「朝しっかりメイクをしてきたはずが、夕方になると何だかみすぼらしい印象に・・・。」

「ばっちり隠したはずのほうれい線も、いつの間にかファンデーションのひび割れで逆に目立ってしまうように・・・。」

 

そんな風に感じたことはありませんか。

確かに、ほうれい線は顔を実年齢より上に見せてしまう厄介者です。

メイクで何とか隠せるものなら隠したいですよね。

しかし、ほうれい線が気になって、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、メイクが崩れやすくなってしまいます。

肌も身体も疲れが出始める夕方には、ただでさえ潤いが枯渇しがちです。

厚く塗ったファンデーションは、お肌の乾燥を加速させてしまうんです。

そこで、効果的なほうれい線カバーの方法をご紹介いたします。

 

ほうれい線にハイライトをつける

私たちは、ほうれい線をどのように認識しているのでしょうか。

小鼻から口の横を縦に走る凹みと、その周りにできる影です。

 

つまり、ここにハイライトを入れて明るくしてしまえば、ほうれい線を薄く見せたり、まるでほうれい線など無かったかのような錯覚を起こさせたりすることが出来ます。

 

ハイライトと言えば、Tゾーンや頬骨に入れて骨格の高い部分を強調し、立体感を演出するものと思われがちです。

しかし、ほうれい線や目の下、こめかみ等、年齢を重ねることで影が出来てしまいがちな箇所に明るさをプラスすることで、華やかで若々しい肌を作ることも出来るのです。

まず、顔全体にファンデーションを馴染ませた後、ほうれい線の部分に重ね塗りしておきます。

その後、ハイライトでほうれい線を消していきます。

次に、頬をふくらませてシワを確認します。

最後に、頬を膨らませたまま、肌との境目だけを指で細長くぼかしていきます。

パウダーをふんわり優しく付けていきます。

この時に、ほうれい線上にコンシーラーをつけていたなら、よれてしまわないように、ソフトタッチでパウダーを付けていくのがポイントです。

 

顔に気になる箇所があると、ついついファンデーションを厚く塗ることでカバーしようとしてしまいがちです。

しかし、ファンデーションを厚くぬると、肌が本来もっているツヤや素肌感まで消してしまいます。

せっかく綺麗に見せるためのメイクが逆効果になってしまうなんて、もったいないですよね。

効果的なほうれい線カバーの方法を身に着けて、メイクを思い切り楽しみましょう。

houreisenkesu02241