ビーグレン(b.glen)化粧品はQuSomeカプセルに美容成分をたっぷりと配合

houreisen21

 

ウマミ子
どうも!こんにちは
ハナコ
お久しぶりです
ウマミ子
 ハナコ、ビーグレンのQuSomeって知っとうか?
ハナコ
ビーグレンは聞いたことありますが。QuSomeはよく知りません・・・

ウマミ子
 今から、QuSomeについて説明していくで。めっちゃスゴイ技術やねんから、しっかり聞いてや!
ハナコ
はい。お願いします

 


QuSome2

 

ビーグレンの化粧品は、QuSome(キューソーム)というカプセルの中に美容成分を入れて、

肌内部に浸透させていきます

 

これって、肌にはどのように働くのでしょうか?

 

ビーグレン(b.glen)はナノテクノロジーというのを採用している

サイエンスコスメです。

 

 

ナノテクノロジーというと難しいかもしれませんが、

簡単に言うと、「ナノサイズを使う技術」です

 

もっと詳しく、

ビーグレンb.glenの特徴でもある、QuSomeについて、

説明していきますね。

 

QuSomeってスゴイ!って思いますよ

QuSomeってなに?

 

QuSomeとは、極小のカプセルで、

そのカプセルの中に、美容成分を入れて、

肌内部に浸透させていきます。 

 

 

美容成分には、水溶性と脂溶性があります。

これは、同時には混ぜることができないのは、わかると思います。

 

油と水は混ざりませんからね。

 

 

そこで、このQuSomeを使うことで、

水溶性と脂溶性と、交互に層のように

カプセルの中に入れることができるんです

 

 

そのため、いろんな有効成分を肌にいれなくても、

このQusomeが肌内部に浸透すれば、

必然的に、必要なところに美容成分をちりばめることができます。

 

 

素晴らしい技術だと思いませんか?

 

 

そして、QuSomeはとても小さいので肌の細胞にも負担にならないんです

 

 

必要なところに100%有効成分の力を発揮でき、

徐々に浸透していくので効果がでやすく、持続するんです。

 

 

QuSomeは、玉ねぎのように層になっているため、

徐々に層が溶けて行き、小さくなりながら、

肌内部に浸透していくので、効果が長続きしやすいのも特徴です

 

QuSome01

 

QuSomeの大きさというのが、

針の先に50個のQuSomeをつけることができるくらいに小さいんです。

 

 

ビーグレンの化粧品の1つのボトルの中には、

数十億個のQuSomeカプセルが入っているということです。

 

 

目には見えないですけどね・・・・

 

 

ビーグレンは、

きちんと肌内部に美容成分を入れないと

結果がでないという当たり前だけど、

でも、難しい技術に取り組みました。

 

 

なぜ、肌内部に浸透しにくいかわかりますか?

 

皮膚の通常の働きであるバリア機能があるため、

肌に必要な美容成分が、浸透しにくいんです

 

とても大事な機能なので壊すことはできませんが、

バリア機能は壊れやすいです

 

このバリア機能があることで、

通常の化粧品では肌表面へのアプローチしかできていないことが多かったんです。

 

花粉やほこりなどどんなものでも、

肌内部に入ってしまっては、炎症が起きて、赤みや刺激になってしまいます。

 

刺激の侵入を食い止めるためにも、

バリア機能が正常に働いているんです

 

 

でも、肌へうれしい効果が出なくては、

化粧品を使ってる意味がありませんよね。

 

umamiko41

多くの女性が「効果がでない」と、

化粧品ジプシーを繰り返しているでしょう。

 

 

これで、必要な場所に的確に美容成分を浸透することができれば、

確実に、結果がついてくるのはわかりますよね。 

 

これが、ビーグレンのQuSome の力なんです。

きちんと、的確に、肌内部に浸透できるように作られています

 

ほうれい線で悩んでいる女性におすすめなのが、

ビーグレンのQuSomeリフトです

 

コラーゲンの生成を増やす働きのある成分が配合されているので、

肌にハリがでてきて、ほうれい線も目立たなくなってきます。

 

>>>QuSomeリフトの口コミと説明はこちらをチェック<<<